名前の画数だけで運命って決まっちゃうの?もし、運勢が悪い名前だったらどうすればいいの?

一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか!

『姓名判断』

現在ではポピュラーな占い占術として、多くの人に親しまれています。

少しだけ視点を変えみると、一層、占いが楽しくなりますので、少し姓名判断について掘り下げて説明したいと思います。

姓名判断とは?

私達が知る姓名判断とは、姓名の画数が「何画か?」で、その人の運勢の良し悪しや、性格・健康などを占う材料として認識されていますが、実際は三才五行(文字列の意味合いや読み方など)を考慮して、トータルで判断する占いです。

『名は体を表す』と言われますが、名前からその人の運勢や性格、将来性などを正確にハッキリと占うことができるため、わかりやすく、ポピュラーな占術として現在多用されています。

では、姓名判断はどこからやってきたのでしょうか?

日本人の名前は漢字が多いですよね!もしかしたら中国が発祥の地かもしれません!少し姓名判断のルーツを探っていきましょう!

姓名判断のルーツ

予想通り、古代中国が起源とされています。

しかし、中国で生まれたとされる姓名判断は、今の日本で使われているようなものとは異なっていたようです。

今の日本で使われているような、画数を基軸にした姓名判断が用いられるようになったのは明治初期です。

熊崎健翁という方が「熊崎式姓名学」という名前で始めたことで、それ以降に姓名判断として、世間に広まっていったそうです。

それでは、何が占えるんでしょうか?

簡単に説明していきます。

姓名判断で占えること

人の姓名の文字や字画、音などの組合せによって、運命や運勢を占うことができますので、性格や仕事運・恋愛や結婚運・健康運など、人生において欠かせない事柄を占うことができます。

皆さんも、試しにご自身の名前を占ってみてはいかがでしょうか!単純に画数の合計から、良い名前or悪い名前なのか?を判断するだけでも楽しそうですね!でも、決してそれだけで運命が全て決まるわけではありません。

もし、良くない結果が出たとしても、あんまり落ち込まないでください!運命は自分自身で決めるモノ!運命はあなたの腕の中にあるんですから!占いにのめり込み過ぎずに、程よい距離感を持って付き合っていきましょう!そうすれば、きっとあなたを幸せに導いてくれる良きパートナー、伝道師になってくれるハズです!