人妻は、欲求不満が抑えられない
人妻は、欲求不満が抑えられない

いわゆる「鉄のパンツ」を穿いているのは、若い女性だけなのでしょうか。

人妻たちの中には、旺盛な性欲を持て余している女性が目立ちます。

人妻専用の出会い系サイトを利用している女性たちをみると、なおさらそう考えさせられます。

若い女性が、自分を貴重品扱いしたがる気持ちは、分からなくもありません。

しかし、我慢と言うものはいつまでも続けられるものではありません。

女性にだって性欲は当然あるわけですから、いつか限界が来るのです。

結婚前までは「命に代えても純潔を守り通そう」と考えている女性たちばかりです。

それも当然の話。未婚の女性たちにとって、結婚とはある種の理想であり、一つのゴールです。

少しでも言いゴール(相手)にたどり着くためなら、いかなる困難からも耐え抜いてやろうという心境です。

出会い系サイトを利用して、男漁りをする人妻。いったいどういった要因が彼女たちを不倫に走らせるのか。

そのキーワードは、失望と欲求不満です。

結婚を人生の一大目標として掲げていた女性たちにとって、結婚後に感じる希望との落差は、失望に直結します。

自分が思い描いていたのはもっともっと大きな幸せなのに、思ったほど幸せにはなれない。

幸せになるどころか、結婚前には気が付かなかった相手の欠点ばかりに目を向けてしまう悪循環。

性欲というものは女性にも感じられるものですし、放っておいても自然と消えてなくなるようなたぐいのものではありません。

誰にとっても、我慢には限界があります。

かといって、せっかく結婚に踏み切ったパートナーと、簡単に離婚交渉を始めるわけにはいかない。

周囲の目もあるし、ましてや自分の家族や親にはどうやって説明を付けるのか。

自分の子供がいればなおさらのこと、離婚に踏み切ると言うのは、口で言うほど簡単なことではないのです。

ある意味では、結婚することを決意するのと同じくらい大事かもしれません。

なんとか「結婚」という体裁を保ったまま、抑えきれない欲求不満を解消する方法はないのか。

そのための一役を担うのが、出会い系サイトです。

なにしろ、最近では人妻専用の出会い系サイトという代物まで、活況を呈しています。

このようなサイトに集まる女性たちが、真面目な恋愛を目的としていないことははっきりと分かります。

とにかくセフレがほしい、若い男性とエッチがしたい。

憂さ晴らしがしたい。

そう考えてサイトに乗り込む女性たちは、びっくりするほど性に対して貪欲な考え方を持っています。