熟女出会い系サイトであっても相手を思い通りに動かすことはできないんです

最近、インターネット上では出会い系サイトというものがとても人気あるみたいですよ。

何故なのでしょうか。

そこには、やっぱりインターネットの大きな魅力がある訳です。

そして、最近では、スマホをを使って同じ様な行為が出来るという訳ではありませんよ。

スマホだったら、いつでも何処でもという感じですよね。

従って、段々と女性のニーズも獲得しているのです。

女性にとっても出会い系サイトが便利なものとして捉えるようになってきたのではないでしょうか。

そして、女性が増えれば、男性会員も当然増えて行くものなのです。

そして、こういう場所に出会いの方法があるなんて実に有り難みある話しですよね。

自宅にいても、布団の中に潜って私達は外界へ手を伸ばすことが出来る訳です。

一方こういう世界があるからこそ、自分の自我がおもむろに出てしまう世界だとも言える訳です。

出会い系サイトとはそういうものだと鼻から捉えてしまっている人たちも実際にいるものです。

みなさんはよく公衆便所で、落書きや、異常なマナーの光景をごらんになると思いますが、あれも真剣に何故あんなことになってしまうのが考えた方がいいかもしれないですよね。

自我というものは、社会に抑圧を受けているものなのです。

必ず、独りよがりの発想など社会の前で潰されてしまうものなのです。

別に自我なんて本当は大したことないものかもしれないですよ。

しかし、社会に封じられると、それを解放したい気持ちにも必ずなるものなのです。

何故便所に落書きをするのかと言えば、何処か破壊することで、社会に仕返ししているような気持ちもあるのではないでしょうか。

落書きは公共物の破壊でもある訳です。

そして、便所に書かれることって結構セックスがらみのことが多いではありませんか。

きっと女性を落書きによって屈辱的な目に合わせたような快感があるのでしょう。

落書きごとで征服感が発生しいるのです。

ひょっとしたら、この公衆便所のようなつもりで、出会い系サイトを捉えている残念な男性たちがいるかもしれないということです。

そういう男性たちは独りよがりに自分さへ良ければ、女性など快楽の道具に過ぎないと考えているかもしれないですよね。

女性にとってはそういう男性こそ最悪な男性なのです。

男性と女性の関係は相対的に作られなければならない訳です。

相手もあなた同様生身の人間であることをお忘れないように。

何ごともあなたの自由かと思ったら大きな間違いです。

ダラダラと自慢話を聞かされるのは熟女でも耐えられない!

ダラダラと自慢話を聞かされるのは熟女でも耐えられない!

現代は出会い系サイトというものがあります。

これは、きっと昔の人が見たら嫉妬することかもしれないですよね。

それほど凄いものかもしれないですよ。

一方、ソーシャルネットワークというものがある訳ではありませんか。

あの世界はまさにワールドワイドな社交場のようになってしまっている訳ですが、あっちはいわば、一対複数の関係です。

ならば、出会い系サイトは一対一の関係なのではないでしょうか。

本当は健全なものとしてもっともっとワールドワイドな立ち位置になってもおかしくないと思いますけどね。

しかし、何か出会い系サイトというものは、純粋の出会いの場所というよりも、アダルトチックな感じが多くしめてしまったような感じすらしますよね。

何か風俗的イメージがこびり付いてしまったような・・・。

これがちょっと切ない話しです。

今ひとつ出会い系の向き合い方にしきり直しも必要になってくるのではないでしょうか。

出会い系では、一方的な男性たちが溢れかえっているという話しではありませんか。

まるで公衆便所の落書きのように身勝手にふるまえる場所が、出会い系サイトだと勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

何かやっぱり、一人部屋に閉じ籠もる世界なのに、外へ向かっているということに適応出来ていない感じもしますよね。

ここはちょっと紳士的にふるまうことに注意を払っていただきたいと思います。

まず、そういう意識を持つということが肝心なのではないでしょうか。

それは相手の気持ちを尊重するということなのです。

相手が喜んでもいないのに、自分だけ喜ぶという行為は恥ずかしい行為だと思わなければならないのです。

紳士的立場とは、女性が喜ぶ姿を見ることが喜びだというものなのです。

男性はやたら、自分の欲求を満たすためだに相手を求めてしまうようなところがありますよね。

そういうことに注意をしないことには。

あなたはひょっとしたら自分の大して面白くもない自慢話など延々と相手に対して喋り続けているのではないでしょうか。

オレはそんなことはないよなんて言いながらも、延々と自慢話を喋り続けているのです。

自分はきっと、外界では誰も聞いてくれないような自慢話だからこそ、こういう場所で延々と喋り続けてちょっと強くなったような錯覚にでも陥っているのでしょうか。

出典※熟女出会い