人妻とヤッたおいしい話

今からお話しするのは、僕の友人が実際に出会い系サイトを利用して人妻に出会った体験談です。

男なら誰もが美味しい話と考えるだけに、僕の体験談でないことは少し残念なところです。

人の体験談の中でもとりわけ、おいしい体験談と言うのは、聞いていてせつない気分になってしまうものです。

しかしながら、出会い系サイトを利用して人妻との出会いを求める限り、極端な言い方をすれば誰にだって、人妻と出会うチャンスは用意されているわけですから、ぜひともこの体験談にあるような体験を自分もやってのけるのだというくらいの気持ちで受け止めてほしいですね。

友人は運にも恵まれていました。それに加え、出会い系サイトの利用歴が長いせいもあってか、だいたい自分に合うのがどのようなタイプの人妻か、見極める技量に長けていたのでしょう。

プロフィール欄を有効に活用して、初めから、おおよその年齢、どのような出会いを希望しているか、などの条件を詰めていったのです。

そうして出会った人妻を、ここでは仮にA子さんとしておきましょう。

ばれたら大変なことになりますからね。

だから僕も話に聞かせてもらっただけで、相手の写真すら見せてもらっていないのですよ。

とにかく友人が言うところでは、半端ないくらいの美人だったということです。

それに加えてスタイルも良かったんですって。うらやましいですね。

自慢されるとムカつきますね。

いろいろな体位やシチュエーションを試したそうですが、かといってせいぜいお風呂場とベットの上でエッチをした程度。

出会い系サイトをわざわざ利用して相手を募るくらいだから、なかなか人には話せない特殊な性癖でもあるのだろうかと懸念していたそうですが、それも杞憂に終わったそうです。

相手はいたってノーマルな、優しい人妻。

一生に一度あるかないかという贅沢な経験をさせてもらったというのが、友人の口から出た嘘いつわりのない感想です。

本音で語っているかどうかくらい、顔を見れば分かります。

ただ、友人は最後まで納得しきっていないような感じでした。

と言うのも、笑ってしまうような話ですが、あんな美人の人妻が、どうして自分のような平凡な男とエッチしてくれたのかが分からないというのです。

友人が感じる違和感もさもありなんといったところ。

僕の友人はとりわけ不細工というわけではないですが、かといってイケメンでもありません。

目を疑うような大金持ちでもなければ、立派な社会的地位にも就いていません。

なのにどうして、人妻は自分に気を許してくれたのか?

今となっては、人妻の真意を知るすべはどこにもありません。

ただし、その人妻が現在の結婚生活に相当な不満を感じていたとすれば、ある程度のことは説明が付きます。

いくら顔が良い相手でも、お金を持っていたとしても、いざ結婚相手として選ぶとなると、男女の相性が致命的に合わないということはあるのです。

あくまで推測ですが、人妻は半ば必死の思い出、自分に足りない「飢え」の原因みたいなものを探していたのではないでしょうか。

もちろん、相手として選んだ男性は僕の友人だけではないと思います。
いわゆるセフレの一人ですね。

出会い系サイトを利用しているからこそ、そのような出会いを求めることも可能なわけです。

30代を過ぎた人妻の性欲は……ヤバい

30代を過ぎた人妻の性欲は……ヤバい

結婚するって大変なことでしょうね。

私は独身ですけれど、周りの話を聞いているだけで何となくそう思います。

一人暮らしをしている限り、他人と意見が食い違って生活が行き詰まるということはあまりないですからね。

個人の考え方の違いにもよるのですが、だいたい二十五歳の前後から、周りの人たちがどんどん結婚を決断していくことにつられるように、多くの女性は結婚を意識し始めることになるそうです。

結婚するまでの間にたいへんな苦労をしたのに、結婚してから先のことがさらに大変。

それが現実ですが、気張ってばかりでは疲れちゃいますよね。

そもそも、自分が結婚したいから結婚したのではないか、夢がかなって、本来なら喜ぶべきではないのか。

どうして自分は不満を感じているのか。

結婚後の生活に悩む人妻たちは、こんなことばかりを考えて自己嫌悪に陥ります。

募る欲求不満のはけ口として、人妻たちから注目されているのは、人妻専用の出会い系サイトです。

出会い系サイトを利用して、恋人が探したいわけではないのです。

中にはそういう人がいるかもしれませんが、基本的に、セフレを探す目的で出会い系サイトを利用したいというのが、人妻たちの心理です。

せっかく築きあげた結婚生活。経済力がご破算になることを考えても、まさか離婚をするという選択肢は考えにくい。

多少の不満があっても、なんとか結婚生活は維持したままで、性的な欲求不満を満たしたい。

そう考える人妻たちは、こぞって出会い系サイトに集まります。

女性にだって当然のように性欲はあります。それは、セフレを求める人妻たちの姿を見ればよく分かります。

年齢が30の後半ともなれば、そろそろ女としての人生が終わりに近づいていることを、誰から指摘されるまでもなく感じ取るのでしょう。

女性にとって、処女であることは一つのステータスです。

これは笑いごとではありません。

男性の場合、童貞は早く捨ててしまえと言われますし、男性から見て、相手の女性が処女であるかどうかという問題は、正直なところそれほど気にならないかもしれません。

しかしながら、男性が気にするかどうかという話は一切関係なく、女性にとって自分が処女であるかどうかということは大問題なのです。

それゆえ、女性たちは結婚前からいろいろと、我慢に我慢を重ねます。

そして念願の結婚。

ずっと憧れた新婚生活に何の不満もなければ、おそらく、そこまで深刻な欲求不満を抱えることもないのでしょう。

けれども、夫との相性が合わなかった場合ならなおさら、出会い系サイトくらいしか逃げ道がなくなるのですね。

今まで半ば無理に抑えつけてきた欲求不満が爆発するからこそ、30代後半女性の性欲には歯止めが効かないのです。

コンサルテイション:ママ活で稼ぐ!出会い系が結局近道!?